自然治癒力の目覚め 〜温熱療法が引き出す自律神経のパワー〜

◆ 温熱療法は自律神経を目覚めさせ、全身にパワーがみなぎる

冷え性は様々な病気の引き金であり、病気の前兆を知らせてくれます。
日本人の基礎体温は36.4度です。

しかし現代人は自律神経の働きが悪く体温は1度近く低下し、全国民の平均体温は、35.4度といわれています。血液は汚染され、解毒機能が追いつかず、血液循環を阻害し、免疫力は低下している。

体温は一日の中でも変化し、健康な方は37℃近くまで上昇します。37℃もあるとフラフラするという方が大勢いますが、パワー不足の自律神経の働き低下の方です。

朝36.4℃  昼・夕方37℃  就寝前36.4℃

肩こりや生理痛、便秘などの軽度の病気だと、馬鹿にしてはならない。

ちなみに欧米人の基礎体温は37度と高いため、あれだけ高カロリーのものを食べれるのです。それでもアメリカ本場のハンバーガーなんてとんでも高カロリーでデカイ!食えるかぁ、と思っていたらメガ○ックが販売、日本人も食うのか?間違いなく数年後はメタボコース。あなたもメガ○ックでメタボ!!何か良いリズム??

体温の低い日本人は、メガ○ックはダメですよ。でも食欲を制限するとストレスで太るそうな!どっちにしても太るんなら食え、ということで私も食べてみた。やっぱり美味い。危険だぁ!



当方の女性スタッフたち。経験も豊かで手技においてはプロである。何といっても私達夫婦が約3年、自らの身体のマッサージや整体、ストレッチを任せていた2人です。彼女たちの学びの姿勢には私たちも日々驚かされます。

■■■■  この2人の女性スタッフが最初に驚いたことが幾つかある  ■■■■

その中の一つが、凝りの取れ方である。本当に驚くほど柔らかくなるので、肩凝りや背中の凝りが簡単に取れてしまう。何で〜、という質問の山だった。それも力加減は通常の60%〜70%程度、このマッサージの効果は温熱免疫療法の特徴の一つである。当然これくらいの効果がないと、難病には立ち打ちできませんよね!!

さらに初診の患者の治療が終わった時点での顔色や艶、張りなどが変わってしまうことだ。2回目の治療日には、玄関から入ってきた患者の顔色をみてさらに驚く。初回目の顔色とは比較にならないのだ。患者には失礼なことだが、顔色や艶、張りなどの変化をみて、「有り得ないです!!」を連発していた。正直、顔にはほとんど触っていない、にも関わらずである。温熱免疫療法の付加価値の一つである。

● 1度の体温低下がまねく機能低下

低体温は、自然治癒力低下の証です。男性の冷え性は女性とは違います。症状は、暑がり・汗かき・寝汗の方は、大概身体の芯は冷えた方です。


免疫力 37%低下

カゼやガンなどの病気にかかりやすくなり、治りにくい。

基礎代謝 12%低下

1日300〜400Kcal分の代謝が低下し、1ヶ月1〜2sの体重が増加しても不思議ではなく、メタボリックの大きな原因である。

体内酵素 50%低下

体内の化学反応。エネルギー生産も毒素の解毒もできなくなる。酵素による解毒機能は免疫機能の一役を担っている。(※洗濯洗剤)

◆ 家庭用温熱治療器の問題点を温熱ベッドでクリア

治療器の問題 1、自己治療をしようと試みると、非常にやりずらい。
治療器の問題 2、毎日の継続が効果を生むため、継続するには面倒である。

上記の問題点をクリア、温熱療法の良い所どりをした製品が、温熱ベッドです。

●熱伝導・継続性・自宅療養に最適です。
●高温70度から低温まで1度単位で調整できる。
●小さな鉱石を準備して、局部への使用も可能です。
●全身に隈なく温熱を浸透させることができる。

人生を掛けて仕事をしてきた団塊の世代の方。
現在、人生を掛けて仕事に打ち込んでいる方。

気づいた時には、ガンに襲われ、手遅れに近いなど、あなた自身の周りでも起こっているはずです。またある日突然、脳卒中に倒れ、身体の不自由になった方もいらっしゃるでしょ う。定年退職後の余生も何もあったものではありません。

車の買い替え所ではなく、あなた自身の身体のチューニングが先です。
働き盛りでありながら、身体のエネルギーは萎縮し、疲れが抜けない、隠せない。
せっかく精一杯やりたいと思っても元気がみなぎってこない。

そんなバリバリ世代の方に、もっとバリバリに頑張ってもらえます。
自宅や社長室に限らず、社員の皆様の福利厚生室にお勧めします。

◆ 岩盤浴と温熱ベッド(療法)は、似て非なるもの

岩盤浴と温熱療法や温熱ベッドの大きな違いは、発汗するか、しないかの違いです。

岩盤浴では、高湿度(65%〜75%)で室温も42〜45度のため、発汗してしまいます。発汗させずに熱だけ伝導することが出来ない環境です。遠赤外線ドームも同じ原理なので発汗してしまいます。

「温める」ことは同じです。しかし、「神経の働き」が全く異なります。
発汗によって優位に働く神経は、自律神経の交換神経ですが、発汗なしの温熱療法では、副交感神経が優位に働きます。

精神を安定させたり、病気改善のために働く神経は、副交感神経です。ですから神経のうえでは、温熱療法と岩盤浴は全く異なるものといえます。サウナでも岩盤浴でも汗を出してリラックスして気持ちの良いものですが、実は自律神経は緊張状態です。ですから更年期障害や鬱病・アトピーには厳密的には不向きです。

この副交感神経の働きは、温熱ベッドに寝てみるとすぐに体感できます。不眠症で精神安定剤に頼らないと眠れない方やアルコールを飲まないと眠れない方でも、10分もせずして熟睡してしまうという体験談は数多く寄せられます。

◆ 新型の鳥インフルエンザが起こった時

現段階で新型鳥インフルエンザ(H5N1型)が人から人へと感染し始めた場合、子供・大人・老人を問わず、免疫システムが崩壊しているのだから、身体を守る術はない。現在の前報道以上の死亡者がでることは、安易に想像できる。恐ろしい限りである。

日本全国で最悪600万人の死亡者というからただ事ではない。

まして若い人の免疫機能は未熟でもある。免疫機能の暴走が起こり難いように、自律神経が的確に働くようにすることが大切だと感じる。 この状況に対して、準備できる的確なワクチンのかわりに「温熱療法」はなり得るのではないだろうか。

えぇっ、こんなことで・・・。病気の治し方とは、案外簡単な所にあるものです。
自立神経がポイントになるように感じる。経験上、身体の機能をフル稼働させ免疫力をあげれば、大概の病気は撤退するからだ!

ご予約のお電話は0927394199へ

と電話に出ますので、
「ホームページを見て、予約をしたいんです。」
とおっしゃってください。
ご紹介の場合は、ご紹介者のお名前をお願いします。

1、ご希望の日時と時間帯
2、お名前
3、病名をお伝えください。
詳しい症状は、初回目のカウンセリングでお尋ねしますね。

ご予約当日は、予約時間の5分〜10分前にお越しください。
迷われましたら、お気軽にお電話ください。

どうしても詳しい症状をお話ししたい場合は、15時以降でお願いします。
施術中でお話できない時は、お電話の時間を指定させて頂きます。